成年後見制度とは

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方が、悪徳商法などの被害にあうなどの不利益を被ることがないように、保護し支援する制度です。援助する人を家庭裁判所に申し立てて、付けてもらうことができます。
大きく、任意後見と法定後見に別れます。

成年後見制度はなぜできた?

介護保険制度と共に生まれた成年後見制度

介護保険制度が生まれるにあたって、介護保険を受けることになる高齢者や障害のある方が、判断能力が不十分な場合、介護保険等の契約を適切な判断で行うことができないことも考えられます。そういった方が不利な契約をすることがないよう支援するために、成年後見制度は、介護保険制度と共に生まれました。

どちらの制度も同じく2000年4月からのスタートです。

タグ: 後見制度 成年後見

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

注目の記事【PR】

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。