成年後見制度とは

記事を保存しました

成年後見制度とは、認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方が、悪徳商法などの被害にあうなどの不利益を被ることがないように、保護し支援する制度です。援助する人を家庭裁判所に申し立てて、付けてもらうことができます。
大きく、任意後見と法定後見に別れます。

成年後見制度はなぜできた?

介護保険制度と共に生まれた成年後見制度

介護保険制度が生まれるにあたって、介護保険を受けることになる高齢者や障害のある方が、判断能力が不十分な場合、介護保険等の契約を適切な判断で行うことができないことも考えられます。そういった方が不利な契約をすることがないよう支援するために、成年後見制度は、介護保険制度と共に生まれました。

どちらの制度も同じく2000年4月からのスタートです。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

家族のこと

enな人々

もっと見る