パラレルキャリア

  • 読み:ぱられるきゃりあ
  • 別名:

パラレルキャリアの意味(パラレルキャリアとは)

パラレルキャリアとは、複数の経歴(職場や活動の場)を並行することを言います。

会社の定年で終わらず働き続ける為の方法とも言われています。

パラレルは「並列」という意味があり、キャリアは「経歴」ということで、現在の仕事をしながら別の仕事や活動などを行っていくことです。

パラレルキャリアと同じように「副業」という言葉があります。

この2つは同じようで違い、副業はお金を稼ぐことが目的ですが、パラレルキャリアはその活動にしっかり向き合っていることになります。

分かり易いものだと、会社に勤めながら個人事業主として会社を立ち上げるという事がパラレルキャリアに該当します。また、地域のボランティアなどの社会に貢献することもパラレルキャリアの一つです。

パラレルキャリアの実際

パラレルキャリアのメリットは、自分が好きなことを行い、それに伴い技術が研ぎ澄まされてやりがいになるということです。

また、対人関係の幅も広がっていきます。

パラレルキャリアで別の仕事をしていたおかげで、本来の仕事に繋がる発見や経験が見つかることもあります。

メリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。

人によっては「時間が無くなって忙しくなってしまう」と思う方もいます。

本業の他に活動すると自分の時間がなくなって気持ちが休まらないなど考える方もいます。

このようにメリット・デメリットをふまえたうえで、自分にあったもう1つの場を見つけることが良いでしょう。

本業以外で自分がやりたいことをやって第2のキャリアを並行させていくことで自身の視野や考え、できることに幅が広がります。

また、定年退職した後の楽しみとして並行して何か活動しておくことで本職を定年・引退した後ももう1つの場があることで生活リズムや心身の健康にも好影響が期待されます。

「定年後になにもすることがない」「定年後になにをしたらいいのか」と不安に思う人が多い社会状況にあって社会とつながる1つの方法になり得ると言えます。

関連する用語:

パラレルキャリアに関連する記事

この記事はいかがでした?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

エンパークとは

定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によりよい未来に繋げていきたいと思っています。