エンディングパーク

増税で気になるお墓や葬儀のこと

平成26年4月1日から消費税が8%に増税されることが決まり、どの分野でも増税前の駆け込み消費が増えています。

お墓と増税の関係

◯課税対象 :墓石工事、年間管理費

×非課税対象:×墓地使用料(永代使用料)



墓石に関しては、墓石工事の契約、年間の管理費に8%の消費税が課税されます。墓地使用料、永代使用料などに関しては、非課税ですので増消費税はかかりません。

消費税を判断するタイミングは、お墓を建てる契約をした時ではなく、完成したお墓が引き渡される時点です。4月の時点で完成、引き渡しが終わっていない場合、結局増税した後の消費税が課税されるということになるので、注意が必要です。完成までには数か月程度の時間がかかります。

経過措置としては、平成25年9月30日までに契約した場合で、引き渡しが平成26年4月以降になっているものに関しては、消費税5%になります。平成25年9月30日以降に契約された方は、完成・引渡しが平成26年3月31日までに終了できるのかどうかの確認が必要です。

葬儀と増税の関係

◯課税対象 :火葬費用以外

×非課税対象:火葬料金

葬儀において非課税の項目は、火葬場に支払う火葬料金のみです。それ以外の項目は課税対象になります。

葬儀社に事前に見積りを取られている方やこれから見積りをお願いする方は、上記を視野に入れて費用の説明を聞いておくとよいでしょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集