良い墓石の選び方

墓石墓地建立において大きな部分を占めます。良い墓石とはどんな石なのでしょうか?

石の産地(墓石は国内産がよい?外国産でもよいの?)

国内産のほうが質が良いと思われる方が多いかもしれませんが、必ずしもそうではありません。国産の墓石であっても種類は様々ですから、同じ予算内で購入できる外国産の石のほうが国産の石よりも質が良いこともあります。

近年では、国内での墓石の産出が減り、建立されるお墓の大部分が中国産など外国産で占められるようになっています。費用がかかったとしてもどうしても国産を希望される方以外は、外国産の墓石を選ぶことが自然になってきています。

耐久性に関しては、自国の風土で育っている分、外国産に比べ国内産のほうが、耐久年数は長い可能性が高いと言われていますが、実際に日本のお墓に外国産の石が使用されだしたのはここ数十年のことなので、古くからある国産石とどのくらい違うかは未知な面もあります。

墓石の硬度

当然ながら、石が硬いと耐久性には優れています。雨風にさらされても風化を遅らせることが出来ます。

硬度の高い石であっても、倒壊すれば大きな損傷を受けることもありますので、墓石の耐久性と共に、霊園の地盤についても確認しておきたいです。

東日本大震災の際、墓石が倒れたり墓地が液状化したり、お墓にも大きな被害が及びました。千葉にある「幕張霊園」では、深さ約9メートルの岩盤まで550本の鋼管杭を埋め込むなど地盤の強化に注力した霊園も増えてきています。

近くに海や川があったり、高低差がある霊園の場合、地盤強化がどのようにされているのかも確認したいところです。

吸水率が低い

墓石の吸水率も重要なポイントになります。

1年中雨風にさらされる墓石ですからどうしても水を吸い込みます。もし吸水率が高い墓石ですと水分を含んだままになり、コケやヒビ、サビの原因に繋がってしまいます。

石の状態が悪くなるとリフォームといってお墓の傷んだり損傷した部分を修繕工事する必要がでてきます。

詳しくは、お墓のリフォームもご参考ください。

キメが細かい

石はひとつひとつの砂の粒が集まった塊なので、ひとつひとつの粒が小さくてキメが細かい石は、水がしみ込みにくいです。このためキメが細かいとされている石が吸水率が低いといえます。

国産の高級墓石を代表する「庵治石」「本小松石(小松石)」はキメが細かいことで知られています。

色について

近年では、墓石の色も一般的によく見られるグレーや黒といった墓石以外に、緑色やピンク系の色など多様な色が選べるようになってきました。

特に、洋型と呼ばれる洋風な墓石では、いろいろな色の墓石を見ることができます。

色によっては少し費用がかかる場合もありますので、石材店の担当者の説明をよく聞いたうえで決めることがよいでしょう。

以上のことなどをふまえて、石材店に行くと石のサンプルがおいてあるので、色や種類の比較が出来ます。予算とのバランスなどを考え、末永く護るお墓として、ご自身や家族で話し合い、納得した墓石選びをされることがよろしいでしょう。

タグ: 石材店 お墓・墓地・霊園 種類

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。