散骨の注意点

海洋散骨の場合、自然相手ということを知ったうえで選択されることがよいでしょう。時には天候が悪く、ご親族は集まったが出航できない場合もあります。また、船酔いも注意しておく必要があるでしょう。風の状態がよければ、感動的なセレモニーになる一方、風が強く船が揺れてあまりイメージが良くなかった。そんな方もいらっしゃいますがどちらも海洋散骨の一面です。

散骨のメリット

・海に還りたいという故人の遺志を実現できる
・高額なお墓を買い求めなくともよい
・自然に帰ることが出来る
などが挙げられます。

散骨のデメリット

・新しい方法なのでなじみにくく、ご親族などから不満が出ることもある
・お墓を持たないことにより、法要などの後々の供養がしづらい

※全てのご遺骨を散骨してしまい、後から手を合わせるよりどころがないと後悔をされる方もいらっしゃいます。お墓を持たないのであれば、ご遺骨の一部を手元に残して供養する、手元供養などの方法もお考えになるとよいでしょう。

散骨をお考えの際には、上記のようなこともよくお考えの上でご検討されるとよろしいかと思います。

タグ: 注意すること 海への散骨

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。