手元供養とは何ですか?

遺骨の一部を分骨容器やオブジェ、ペンダントなどに納め
手元に置いて供養をすることです。


お墓にお骨を入れてしまうのは寂しい。遺骨を一部でも手元に置いておきたい」そんな思いを持たれる方が、遺骨の一部(または全部)を分骨容器やオブジェ、ペンダントなどに納めて、手元に置いて供養をされています。

近年では、手元供養の声に応えるように、お骨を納めるための手元供養品がみられます。お骨を納めるだけでなく、お骨そのものをプレート状にしたり、ダイヤモンドにして宝石として身につける方法もあります。

タグ: 供養 Q&A 手元供養

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。