手元供養とは何ですか?

記事を保存しました

遺骨の一部を分骨容器やオブジェ、ペンダントなどに納め
手元に置いて供養をすることです。


お墓にお骨を入れてしまうのは寂しい。遺骨を一部でも手元に置いておきたい」そんな思いを持たれる方が、遺骨の一部(または全部)を分骨容器やオブジェ、ペンダントなどに納めて、手元に置いて供養をされています。

近年では、手元供養の声に応えるように、お骨を納めるための手元供養品がみられます。お骨を納めるだけでなく、お骨そのものをプレート状にしたり、ダイヤモンドにして宝石として身につける方法もあります。

関連する記事

タグ一覧

注目の記事【PR】

建物解体費用に関わること

家の解体費用の相場や、どのような要素が解体費用に関係するかポイントを、エンパーク推薦専門家でもある「解体サポート」の池貝さんに聞いてみました。 ...

あわせて読みたい

カテゴリ別ランキングRanking

終活・エンディングのこと

enな人々

もっと見る