エンディングパーク

石材店選びのコツ~失敗しない建墓のために~

大切な家族や祖先が眠り、末永くお参りするお墓。欠陥のない、素敵なお墓を建てたいですよね。

ここでは、良いお墓を建てるために欠かせない、良い石材店を見極めるコツをお伝えします。

お墓が建つまでのことを知る

お墓は石材店に依頼をして建てます。ただ、一口に石材店と言っても自分と打ち合わせをした人がお墓の工事も全てしてくれるわけではありません。

デザインや石の種類など打ち合わせを終えれば設計をして図面を引き、図面通りに石を削って設置、彫刻していく必要があります。これらの作業は職人が行います。

このため、お墓は打ち合わせをした担当者と職人が連携して建てられます。

Ikejiri01
墓石工事の様子

ポイントは石材店の体制

欠陥のないお墓を建てるためには、打ち合わせ通りに工事が進んでいるか、打ち合わせをした担当者が職人との確認をスムーズにできるかが大切です。

最良:石材店=職人(自社に全ての職人を抱えている)
良:石材店⇒職人がいる会社と提携
悪:石材店⇒下請け業者⇒職人(契約のみ自社で工事は下請け業者)
最悪:石材店⇒下請け業者⇒孫請け業者⇒職人(更に下請け業者へ)

どんどん「丸投げ」に近い体制になっていくほど、担当者と職人の間で確認ができにくくなり、欠陥墓なってしまいやすい傾向にあります。

確かに、職人を抱えていることはそのぶんコストもかかり、依頼がない時期は会社としては大変なことですが50年、100年と続き、ご家族が気持よく供養ができるお墓を建てるためにも安心して任せられる体制になっている石材店に依頼されることが大切でしょう。

Ikejiri02
墓石工事 完成間近の様子

職人との連携の他、ご家族がより完成のイメージがつきやすいように精巧な図面を出す石材店や、社員1人1人が誠実な対応を教育されている石材店など、良い石材店にはこだわりがあります。

お墓を建てる際にはこだわりのある石材店に依頼したいものですね。


posted by 池尻和昭 (有限会社池尻石材工業)

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集