エンディングパーク

喪中

  • 読み:もちゅう
  • 別名:服喪期間、忌服期間

喪中の意味(喪中とは)

喪中とは、近親者が亡くなった時、その死を悲しんで一定の期間、喪に服すことをいいます。

親族を亡くした遺族が身を置く、禁忌状態ともいえます。死後1年を指す場合が多く、禁忌事項の内容、宗派と死者との関係によって、喪に服す期間はさまざまです。

死は穢れである考え方に基づき、一時的に社会的な慶事から外れるという意味合いもあります。

喪中の実際

「忌」と「服」の2つの期間からなり、古くは忌の間は家の中にいて、穢れがうつらないよう、外部と接触を避けたといいます。

「忌引き」は仕事や学校を欠席する時に使う言葉ですが、この期間も血縁関係の近さによって異なります。

服の期間は慶事への参加は辞退し、喪家から慶事を行うことを避け、その昔は、外出する時には喪服を着用して出かけていたという時期になります。

服の期間は故人への哀悼の気持ちを表す期間だといいます。

両親を亡くしても1週間程度の休みしかとれない忙しい現代人ですが、喪中の期間を過ごすことで、近しい人を亡くした喪失の状態から少しずつ立ち直り、日常生活に戻ることができる大切な期間でもあります。

年賀状は1周忌までは喪中ハガキとなります。

喪中の間は結婚式の日程をずらすこともみられましたが、現在では、柔軟な対応をするようになるなど、喪中の考え方も多様化している面もあります。

関連する用語:忌中, 喪中はがき, 喪服, 喪主, 寒中見舞い, 忌明け, 喪章, 百ヶ日, 喪家, 神棚封じ
タグ: , 葬儀・葬式 , 葬儀マナー

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから