エンディングパーク

家を解体する上での必要な手続きとは

建物解体特集バナー

家の主が亡くなり、その家を解体したとします。その際、解体後に必要な手続きとは何でしょうか。

建物解体後には、「滅失登記」という手続きが必要です。さて「滅失登記」とは、どのような手続きなのでしょうか。

滅失登記(めっしつとうき)とは

建物を解体したら、1ヶ月以内に滅失登記を行います。建物がなくなったことを法務局に知らせる手続きです。ちなみに滅失登記は、建物解体時だけでなく、火事で焼失した時などにも行います。

申請を行うと、法務局が自治体に通知を出し課税台帳から物件がはずれます。

登記をしなかった場合

建物を取り壊したら建物滅失登記をする必要があります。登記をしなかった場合、10万円以下の過料に処すと定められています。放っておくと固定資産税がいつまでも課されていたり・・・ということが発生する可能性もあります。

滅失登記の申請方法・手順とは

登記は土地家屋調査士などに依頼すると、平均で3万円前後の費用がかかります。土地家屋調査士に依頼せず、自分で行うことも可能です。

申請者は?

一般的には登記簿上でその家屋の所有者になっている人が、建物滅失登記の申請を行うことになります。

ただし、相続人が行うことも出来ますし、委任することも可能です。登記上の所有者が亡くなっている場合には、住民票の除票に、建物の所有者 と申請者との関係を示す書類や、住所が確認できる住民票を持参するようにしましょう。

必要な書類は?

自分で滅失登記を申請する際には、次の書類が必要です。

登記申請書・解体業者が発行する取毀し(とりこわし)証明書・解体業者の印鑑証明書・解体業者の会社謄本・住宅地図 登記申請書のコピー(1部)など

※委任する場合※
委任状・依頼人の印鑑証明・実印などが追加で必要

提出方法は?申請先は?

提出方法は登記申請書のコピー以外の書類をA4サイズでそろえて、重ねて左側を束ねて止めます。提出先は管轄の法務局になります。

不動産登記申請表示係の窓口に書類を持参して申請します。または郵送での申請も可能です。

滅失登記が完了すると、登記完了証が交付されます。

答えてくれた専門家

池貝充隆 解体サポート 池貝充隆
建物解体の相談累計17,000件超、満足度93%の実績をもつ解体サポート。北海道を除いた地域で良心的な解体業者を紹介します。※対面相談会(無料)も実施中


解体サポート、池貝充隆の紹介ページ

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから