エンディングパーク

「喪中」と「忌中」の期間とは?

忌中」と「喪中」という言葉は、似ているようで意味は異なります。それぞれどのように過ごすものでしょうか。

「忌中」について

近親者が亡くなった際に、喪に服し、死の穢れから避けることを「忌中」といいます。この忌中には、忌服期間(忌引き)があります。

忌引きの期間は所属する団体の「服務規程」によって定められています。例えば地方公務員の場合は役所、会社員の場合はその企業が定めている規程にのっとります。この期間は仕事や学校を休み、むやみな外出を控え自宅で故人を弔うことが目的とされています。

下記は東京都の職員の服務規程にある忌引の期間です。

続柄  期間
配偶者 10日
父母 7日
子ども 5日
祖父母 3日
兄弟姉妹 3日
参考:東京都職員の慶弔休暇より抜粋

上記は、あくまで東京都の職員の例です。配偶者の親族の場合は、関係性によりますが1日~3日程度が一般的です。

組織の規定や、考え方によって忌引期間は異なりますので、学校や会社などに一度確認することをおすすめします。

また、一般的な忌中の期間は「七七日(しちしちひ、なななのか)=四十九日」とされています。忌引きを終えても忌中の期間は死の穢れが強い時期と言われており、祭り事などには出ることを避けたほうがよいといわれています。

四十九日を過ぎたら「忌明け」となります。忌明け法要は三十五日で行われることもあります。

死を穢れとする「死穢観念(しえかんねん)」と呼ばれる考え方からきているものですが、精神的なショックを受けている遺族が故人を偲び、時間をかけて精神的な傷を癒す時間とも言えるでしょう。

「喪中」について

死の穢れから避ける忌中と異なり、喪中は故人を偲ぶ期間です。かつては喪服を着て外出していました。

喪中の間も、慶事などへの出席は控えたほうがよいとされてきました。一般的には一周忌までの期間(12~13ヶ月)を喪中と呼ぶことが多いです。

また、喪に服す期間は故人との関係性によって異なります。

続柄  期間
父母、義父母 12ヶ月~13ヶ月
子ども 3ヶ月~ 6ヶ月
祖父母 3ヶ月~ 6ヶ月
兄弟姉妹 30日~ 3ヶ月

「忌中」「喪中」がない宗旨もあります

死を穢れと考えていない宗旨では「忌中」や「喪中」はありません。例えば、浄土真宗キリスト教には、忌中・喪中の概念はありません。

ただし、喪中も年賀欠礼状も社会的習慣として広く認知されていることなので、地域の慣習やお付き合いなどを考慮して家族で決めるといいでしょう。

例えばこんなときはどうするの?


初詣は?

お寺へ初詣するのか、神社へ初詣するのか少し異なります。お寺では、お正月には故人や先祖への新年の挨拶をするという考え方を取り、喪中でもお参りは問題ないとされています。

一方、神社では、初詣に限らず一般的に五十日祭を終えて忌明けになるまで鳥居をくぐることは避けたほうがいいといわれています。

神棚の手入れは?

神棚のしめ縄や御札を新しく取り替えるのは五十日祭後がよいとされています。

お正月のお年玉は?

服喪期間であったり、遺族の悲嘆が深いときは心中を気遣い、お年賀に関することは控えたほうがよいとされており、表書きを「お小遣い」にするなどの気遣いも見られます。一方、あまりとらわれることなくという場合も増えていますので、ご家族によって判断されることがよろしいでしょう。

タグ:東京都 , 四十九日

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから