エンディングパーク

精進料理

  • 読み:しょうじんりょうり
  • 別名:

精進料理の意味(精進料理とは)

精進料理とは、野菜、豆、穀類を工夫して調理した料理です。

仏教では、殺生が禁じられているため、肉食はできません。

そのため、僧が食べる食事は、精進料理が基本になります。美食を戒め、粗食であれという行でもあります。

精進料理の精進は、ひたすらに仏道修行に努めることで、悟りを極めるための食事という意味もあります。

精進料理の実際

精進料理は、仏教の各宗派で独自の料理があります。

特に大豆を加工する技術は、精進料理の考えから発達しました。

大豆は栄養価が高く、肉食を禁止すると不足してしまうタンパク質を豊富にとることができます。

大豆は生で食べることができないので、調理方法を工夫し、保存が効き味も良い料理が多く生まれました。

味噌、醤油、豆腐、湯葉、油揚げなども、精進料理の中から発達したものです。

高野豆腐は弘法大師が豆腐を冬期の保存食にするために作ったものです。

「もどき」料理もさかんに開発され「がんもどき」などは肉や魚のもどきとして楽しむレシピです。

関連する用語:忌中払い, 忌払い, 精進落とし, 繰上初七日, お膳料, 繰込初七日
タグ:料理 , 告別式 , 葬儀・葬式 , お布施 , 四十九日 , 仏教

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから