エンディングパーク

忌中払い

  • 読み:きちゅうばらい
  • 別名:忌中祓い、精進上げ、お斎

忌中払いの意味(忌中払いとは)

忌中払いとは、四十九日の間には精進料理を食べて故人の供養をしてきた人たちが、忌明け精進落としで肉や魚を食べて、通常の生活に戻るけじめになる会食のことです。

地方によってさまざまな呼び方があり、忌中引き、お斎、御苦労呼、法宴、座敷洗い、忌払いなど、地方や宗派でさまざまな言い方があります。

忌中払いの実際

本来は、四十九日の忌明けに、改めて親族が集まり、精進落としとして食べる肉や魚を使った料理のことでしたが、現在では、葬儀でお世話になった人にお礼として、食事の席をもうけることを指す場合が多く、葬儀後に行なわれることが一般的です。

この際には、初七日の法要と併せて行い、故人と共食し、僧侶会葬者へふるまい、葬儀でお世話になった人に感謝とお礼の気持ちを込めた会食とします。

会食では、故人の思い出話しなどをして過ごします。

葬儀が合理化される中で、火葬後の区切りとして行われるように変化しています。

神道では同様の会食を直会とよんでいます。

関連する用語:直会, 忌明け, 通夜振舞い, お膳料, 告別式, 四十九日, 献杯, 精進料理
タグ:料理 , 葬儀・葬式 , 四十九日 , 初七日 , お布施 , 告別式 , , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから