エンディングパーク

神宮寺

  • 読み:じんぐうじ
  • 別名:神供寺, 宮寺, 別当寺

神宮寺の意味(神宮寺とは)

神宮寺とは、神社に付属して建てられた仏教寺院です。

奈良時代、日本固有の神道と、外来である仏教との調和、融合のために唱えられた教説が神仏習合です。神宮寺はその結果生まれました。

多くは神社に付属して建てられ、仏教施設や山内寺院として建設がされました。運営は仏教僧や寺院が行っていました。

社僧と言われる神宮寺に住んで仏事を行う僧侶が、神社の祭祀を仏式で行っていました。

神宮寺の実際

明治になって神仏分離令が出た1868年には神宮寺は廃絶、または分離になりました。

鎌倉から江戸時代までは、神宮寺は武家の守護神であり、幕府や地方領主が保護してきた神宮寺は、そのため檀家を持ちませんでした。

檀家を持っていなかった神宮寺は、廃仏毀釈という政府の神道国教化政索で、神社に転向するか消滅していったため、急速に数を減らしました。

神社のための神宮寺の反対に、寺院のために神社を作ったところもあり、これは「鎮守社」と言っていました。

現在でも神宮寺が地名として残っている地域もあります。

関連する用語:寺院, 神仏習合, 社僧, 神仏分離, 神前読経, 護法善神
タグ:仏教 , お寺 , 奈良 , 江戸時代 , 神道 , 日本 , 戦後 , 奈良時代 , 神社 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから