エンディングパーク

少子化

  • 読み:しょうしか
  • 別名:

少子化の意味(少子化とは)

少子化とは、出生率が持続的に低下して、子どもの数が減少することをいいます。

先進国には共通した社会問題で、日本にも同様の問題があり、平成15年に少子化社会対策基本法が施行されています。

親世代より子ども世代の人数が少ないという人口減少時代に突入した日本では、既存の檀家制度が立ち行かなくなることが予想され、葬儀や墓に対する意識の変化と併せて、宗教的な倫理観も多様化していく現状があります。

少子化の実際

日本は少子化だけでなく、少子高齢化社会を迎えており、葬儀お墓など供養の方法も、それまでとは変化を見せています。

少子高齢化における親の葬儀は、故人の親戚、友人知人もすでに他界している場合も増え、また、子どもである自分も現役を引退している場合も多くなり、たくさんの人が参列する旧来の葬儀ではなく、葬儀内容を簡素化して、家族葬など親しい身内だけで行う傾向が強まります。

また、お墓を造っても護る人がいないという「お墓の継承問題」も増加し、お墓の継承の負担のない「永代供養墓」や「合祀墓」などを選ばれる傾向が強まります。

実家の墓と、嫁ぎ先の墓を合わせた両家墓のように、墓や仏壇を複数抱える家族も増えています。

家で代々継承していくことを前提としたお寺の檀家制度が、社会構造に合わなくなりつつあることも、少子化の一面といえるでしょう。

関連する用語:廃寺, 孤独死, 檀家制度, 家墓, 死亡者数, 独居
タグ:お墓・霊園 , 葬儀・葬式 , 檀家 , 相続 , 孤独死 , 制度 , 合祀 , 継承 , 日本 , 家族葬 , 参列

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから