エンディングパーク

独居

  • 読み:どっきょ
  • 別名:

独居の意味(独居とは)

独居は、一人で日常生活を送ることですが、特に高齢者の一人暮らしが話題に上ることが多くなっています。

日本では2004年の厚生労働省の国民生活基礎調査で、全世帯数の約8パーセントが65歳以上の独居者で占められるという結果が出ています。

独居老人の中には、配偶者がすでに他界している場合や、親族とのつながりがなんらかの事情で絶たれているケースもあります。親族が近隣に住んでいないため、ひんぱんな連絡が取れないという人もいます。

すでに定年退職などで現役を退いている場合には、会社などを通じた社会的なつながりも持たず、地域社会との接点もなく、孤独の中で独居生活を過ごしている人が少なくありません。

独居の実際

経済的な自立がない独居老人や、訪ねてくる人もほとんどいない生活では、餓死、病死などで孤独死になる可能性も指摘されています。

振り込め詐欺や非公開株詐欺、訪問式の悪徳商法など、こうした高齢者をターゲットにした詐欺や詐欺まがいの商法も後を絶ちませ ん。

老人会やボランティアなど、地域ベースで参加できる場所に出向いて、老後の生活で孤立しないよう、周りが声をかけたり、相談相手を持つようにすることで、独居のリスクを軽減することもできます。

関連する用語:遺品整理, 突然死, 遺言, 相続, 少子化, 無縁仏, 無縁塔, ぽっくり, ぽっくり寺
タグ:相続 , 孤独死 , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから