エンディングパーク

お墓と納骨堂はどちらも準備しないといけないの?

お墓と納骨堂は、どちらか1つで

最近では、墓を構えずに納骨堂を利用する人が増えています。

お墓を建てるまでの間、一時的に預ける先として納骨堂を利用する人もいます。

お墓と納骨堂の両方を準備しなければならないのか、と不安を抱く方もいるのではないでしょうか。お墓と納骨堂の両方を持つ必要はありません。自分たちにあっている供養の方法を選ぶのがよいでしょう。

一見ちがう役割を担うものかと思いがちですが、納骨堂もお墓もお骨を納めてお参りをするための「ついのすみか」なので、どちらも同じ目的を持っています。

納骨堂とお墓はどちらのほうがいいの?

納骨堂とお墓にはそれぞれ特徴があるため、一概にどちらがいいとは言えません。その家族の状況によってちがいます。

たとえば、お墓を護る文化を大切にしている家族であれば、跡継ぎがその土地に残り、墓を管理していく意思があるのであればお墓を建てればよいでしょう。

気をつけることとしては、寺院の敷地にある寺院墓地の場合は、その菩提寺と長い付き合いがあり、子ども世代や孫世代も、その菩提寺や宗旨、宗派に理解があるかどうかも重要です。

一方、子どものいない家族や独身の方は墓を建てても護る人がおらず無縁墓になる可能性が高いため、永代供養してもらえる納骨堂のほうが適しているでしょう。

年を重ねると、お墓の掃除やお参りなども負担が大きくなることがあります。室内の納骨堂であれば、天候に左右されずに、お参りがしやすいというのも特徴です。

このように、墓を構えるか、納骨堂を購入するかは、その人の目的や状況によってどちらがよいか判断するとよいでしょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから