エンディングパーク

木魚

  • 読み:もくぎょ
  • 別名:杢魚

木魚の意味(木魚とは)

木魚は、お経を読むときにたたく木製の法具です。

中国の仏教法具が江戸時代に日本につたわったものです。一般的に家庭で使用するものは、鈴のような形になっています。

材料はクスノキやクワといった木材で、響孔と呼ばれる割れ目の部分から、刀を使って中を空洞に彫った形をしています。

革や布で包んだばちで叩いて使用します。

木魚を打つことで、拍子を取って精神統一をして読経を行います。木魚が魚をモチーフにしているのは、眠っていても、決して目を閉じない魚のように、修行僧は怠惰にならずに生活をするようにという意味があります。

Mokugyo

木魚の実際

禅寺では、食事や集合の合図に打つ魚板があり、それが変化したものが木魚だと言われています。魚板は魚の形をした厚手の板で、吊るして叩くものです。楽器として使用する国もあります。

彫った木を乾燥させるため、木魚は完成までに3~10年という長い時間がかかります。

日本では、木魚の生産地は、愛知県愛西市が有名です。

関連する用語:仏教, 念仏, 日蓮, 和讃, 経机, 勤行集, 在家経典, 般若心経, 唱題, 称名
タグ:お寺 , 仏教 , 法事法要 , 葬儀・葬式 , 江戸時代 , 中国 , 日本

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから