エンディングパーク

生前契約

  • 読み:せいぜんけいやく
  • 別名:生前の委任契約、プレニード・フューネラル・アレジメント

生前契約の意味(生前契約とは)

生前契約とは、自分の葬儀の内容を生前に決めておき、契約しておくという方法です。

日本では1990年代からサービスを開始する会社や団体が見られるようになりました。

もともとは1910年代にアメリカの葬儀社、スミスジュール社が始めた方法で、2年程度で全米に広がる一大ムーブメントになったといいます。

契約社会であるアメリカでは、生前に葬儀内容や葬儀費用を知ることができ、万が一の時の準備をしておける合理性と透明性が人気を集めた理由と言われています。
日本における生前契約は、葬儀社、互助会宗教法人、NPOなどがそれぞれ独自に開発したサービスを提供しています。

葬儀の内容を決め、その支払い方法を指定するというのが主な内容になります。

葬儀生前契約書を締結し、公正証書遺言を作って実行するというのが、大まかな流れになります。

生前契約の実際

いつ起こるかわからない先のことを取り決めるわけですから、事情が変わることもあります。定期的に見直し、必要であれば解約できる内容であることが望ましいことです。

また、生前契約を結ぶ件について、遺される家族に同意してもらっておかなければ、結局は望んだとおりの葬儀にならない可能性が出てきます。

将来保証できない内容を盛り込むような契約ができないことから、費用は生前に払い込むよりも、葬儀が終わった時点で支払うことが望ましいです。

また、その際何をもって支払いに充てる予定なのか、保険、貯金などの原資の確認をしておく必要があります。

関連する用語:正証書遺言, 祀承継者, 少額短期保険, プレニード
タグ:互助会 , 葬儀・葬式 , 遺言 , 互助会制度 , 葬儀屋 , 葬儀社 , 日本 , アメリカ

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから