エンディングパーク

公正証書遺言

  • 読み:こうせいしょうしょいごん
  • 別名:公正証書遺言書

公正証書遺言の意味(公正証書遺言とは)

公正証書遺言とは、遺言書公証人が公正証書として作成する遺言です。

作成自体が公証人によって行われるため、もっとも安全で確実な遺言方法として知られています。

原本が公証役場に保管されることから、紛失、偽造、隠ぺいなどのリスクがなく、相続トラブルを未然に防ぎたい人にもお勧めの方法です。

法的強制力があるので、裁判所の判決と同様の効力を持ちます。

家庭裁判所における検認が不要で、読み上げるスタイルで遺言が残せることから、字が書けない状態でも遺言が可能です。

事前に遺言の原案と資産の内容を整理し、印鑑証明、戸籍謄本、固定資産評価証明などを準備しておく必要があります。

公正証書遺言の実際

確実な遺言方法と言われる公正証書遺言は、一方で、作成の手続きに手間がかかり、公証人への手数料などの費用がかかります。

また、作成方法の性格上、誰にも知らせずに遺言を作ることが難しいのも難点です。証人の立会いが必要な遺言でもあります。

証人については、未成年者、推定相続人を含む相続を受ける立場の人は、証人として認められません。

関連する用語:遺言, 遺言書, 自筆証書遺言, 秘密証書遺言, 秘密証書遺言書, 推定相続人, 相続人, 被相続人, 遺言公正証書作成手数料, 遺言公正証書, 遺言執行者, 遺言執行者 , 公証人, 遺書, 公証役場, プレニード, 相続財産, 遺言自由の原則
タグ:相続 , 遺言書 , 遺言の種類 , 遺言

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから