エンディングパーク

遺言執行者

  • 読み:いごんしっこうしゃ
  • 別名:

遺言執行者の意味(遺言執行者とは)

遺言執行者とは、遺言の内容を実現する任務をもった人のことを言います。

遺言により指定することもできますが、指定がない場合や、遺言執行者が遺言が開始された時点で亡くなっている場合などは、相続人などの請求によって、家庭裁判所が選任します。

具体的には、相続財産の管理、名義の変更などの手続きを行います。

遺言執行者は、相続人の間で協力が得られない場合、第三者の立場から遺言を公平に実行してくれるので、指定しておくとトラブルを避けられる可能性が高まります。

遺言執行者の実際

遺言執行者は、未成年者や破産者はなることができません。できれば遺言書を作成した際にお世話になった弁護士や行政書士などにお願いしておくことも方法です。

遺言の内容次第では、遺言執行者のみが行うことができる項目もあれば、任意による場合もあります。

認知、推定相続人の廃除や取り消しに関しては、遺言執行者のみが行うことができます。該当する人は、事前に遺言で遺言執行者を指定しておくとスムーズでしょう。

関連する用語:相続人, 被相続人, 遺贈, 認知, 遺言書, 遺言, 自筆証書遺言, 秘密証書遺言書, 公正証書遺言, 検認
タグ:相続 , 遺言書 , 遺言

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから