エンディングパーク

線香

  • 読み:せんこう
  • 別名:仙香、繊香、綫香

線香の意味(線香とは)

線香とは、仏事の際に、仏前で焚かれる線のように細いお香のことです。

白檀(びゃくだん)、丁子(ちょうじ)などの香料を、松脂などで固めて作った匂い線香と、杉の葉を乾燥させて粉末にして、ノリで練って作った杉線香があります。

線香は、邪気を払い、仏前を清めるもので、心を落ち着かせて先祖供養をする際に必要なものです。

部屋の隅々を満たす香りは、仏の教えが平等であることを象徴しているといいます。

線香の作法は、右手で取ってろうそくで点火し、左手であおいで火を消します。

線香を香炉に入れる際には、立てる、寝かす、使う線香の本数などが宗派によって違います。

線香の実際

気密性がある現代の住居では、室内で焚く線香の香りや、煙の量を加減した線香に人気が集まっています。

中には、はちみつやいちごの香りがついた、ルームインセンスとしての線香も販売されています。

また、電源につなげると、先が明るく光る電気線香も登場し、火の元の始末や掃除の必要がないことで好評です。

豊富な種類が市場に出回る線香の中から、お気に入りの香りを見つけて、墓参りなどに持参するのもよいでしょう。

線香を持ち歩くためのケースなども、市販されています。

関連する用語:抹香, 香炉, 焼香, 線香料, 束線香, 指名焼香, 止め焼香, 初彼岸, 灯明
タグ:焼香 , 仏壇 , 葬儀・葬式 , 先祖 , お墓参り

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから