エンディングパーク

案内看板

  • 読み:あんないかんばん
  • 別名:斎場用看板、葬儀用案内看板

案内看板の意味(案内看板とは)

案内看板とは、葬儀において設置する道案内の看板のことです。

駅や幹線道路沿いに、葬儀会場の方向へ矢印と共に「○○家葬儀式場」や「故○○○儀葬儀会場」などと書いて設置し、会葬者を誘導する役割があります。

一般的には葬儀社が準備をしてくれます。斎場や葬儀式場によっては、近隣住民との取り決めで案内看板を出さないと決めているところもあります。

案内看板の実際

遠方や慣れない地域の葬儀において、通夜告別式のために会場へ向かっていくと、場所がわからずに困ることは良くあり、案内看板は便利なものです。

雨の日や夕方になると白く光り見やすくなるような加工をしたものなど、案内看板もさまざまなものが用意されるようになっています。

大きな葬儀になると、案内看板だけでなく、案内の人が道に立って案内をすることもあります。

近年は、家族葬など身内だけで葬儀を行い、広く知らせたくないという理由などから、喪家側が案内看板の設置しないことを希望するケースも増えています。

関連する用語:葬儀用花輪, 葬儀看板, 忌中札, 鯨幕, 名木
タグ:告知 , 葬儀・葬式 , 葬儀式場 , 斎場 , 葬儀屋 , 葬儀社 , 家族葬

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから