エンディングパーク

三分の一返し

  • 読み:さんぶんのいちがえし
  • 別名:三分返し

三分の一返しの意味(三分の一返しとは)

三分の一返しとは、香典返しの金額の相場のことをさした言葉で、いただいた金額の三分の一を香典返しとして返すことをいいます。

香典に包む金額は、会社で出席するなら五千円、親戚の人には一万円~三万円など、故人との付き合いや、地域の風習などによって金額が変動します。

香典返しは、いただいた香典の金額によって、半額〜三分の一程度を目安に返礼品を決めて、挨拶状などを添えてお返しするものです。

関東地域では半額の「半返し」が一般的で、関西地域では、三分の一の、三分の一返し(三分返し)が多いとも言われています。

また、三分の一返しでは、送料込で半返しというような、合理的な方法が取られることもあります。

近い親戚などからは5万〜10万円といった高額のお香典をいただく場合があり、その場合に半分や三分の一の金額で香典返しをすることは、相互扶助の考えにそぐわない場合もありますので、柔軟に対応することで問題ないともされています。

三分の一返しの実際

都市部では、葬儀の日の当日に香典返しを行ってしまうことも増えています。即日返しとか当日返しと言われる方法です。

当日では、いただいた金額を確認して品物を選ぶことができないため、一律の品物を準備して、その場で香典返しとして渡します。

後日高額な香典をいただいているケースには、個別に品物を送り、お礼と報告をするように対応します。

香典返しは、いただいたお悔みに感謝の意を表するという意味では、気持ちの問題で、金額にこだわる必要は本来はないものです。

香典や香典返しを辞退するというケースも少なからずあります。

関連する用語:香典, 即日返し, 当日返し, 通夜返礼品, 会葬返礼品, 忌明け法要
タグ:葬儀・葬式 , 香典 , 関西 , 近畿 , 挨拶 , 相場 , 返礼品 , 関東

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから