エンディングパーク

返礼品

  • 読み:へんれいひん
  • 別名:通夜返礼品、会葬返礼品、法要引き出物

返礼品の意味(返礼品とは)

返礼品とは、通夜葬儀に参列してくれた人へ、お礼状をつけて渡す品物のことです。

会葬返礼品は、香典をいただいていない場合でも、弔問客の全員に渡します。

香典返しは香典をいただいた方に返礼品を送ります。当日、葬儀の会場で渡すケースと、忌明けに送るケースとがあります。

通夜に一般会葬者にも料理を振る舞う(通夜振る舞い)地域では、通夜に弔問してくださったが通夜振る舞いを欠席された方にお渡しする品を、通夜返礼品と呼びましたが、近年では、通夜振る舞いを召し上がったかどうかに関わらず、お通夜の日の返礼品として、返礼品をお渡しすることが見られています。

返礼品の実際

会葬返送品は、消耗品を選び、香典のあるなしにかかわらず500円~1,000円程度のものを送ります。

ハンカチ、清め塩などをお礼状と合わせて送るのが一般的のようですが、地方や葬儀の形式によって、内容はそれぞれです。

香典返しは、いただいた金額に合わせ、四十九日の忌明けを待ってお返しします。

仏式では四十九日明けに志と表書きして送ります。この際も日用品のタオルやお茶などがよく選ばれているようです。

会社などの団体宛ての場合は、小分けにして複数人数で使えるお茶やコーヒーを選ぶようにします。

神式では五十日祭キリスト教では1か月後を目安とする場合が多いようです。

香典では、いただいた金額の半返し、三分返しと言って、半額か三分の一程度の金額を予算に、品物を選ぶようにします。

関連する用語:通夜返礼品, 香典(お香典)の金額, 香典, 当日返し, 香典返し, 通夜振舞い, 弔問, 通夜, 受付(葬儀の), 芳名帳, 答礼, 夜伽, 通夜見舞い
タグ:参列 , 返礼品 , 葬儀・葬式 , 香典 , クリスチャン , 四十九日 , 弔問

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから