エンディングパーク

門前町

  • 読み:もんぜんまち
  • 別名:鳥居前町

門前町の意味(門前町とは)

門前町とは、有力な寺院神社の周りに形成された町のことです。

歴史的な市街地は城や湊、市場から成立った場所が多いですが、寺院・神社もその一つであり、古くから存在する門前町もまた、歴史的な市街地であるといえます。

門前町は、多くの参詣者を集める寺院・神社を中心に、参詣・参拝客の流れをそのまま呼び込もうとする商工業者が集まることによって形成されていきます。

また、寺院・神社の信徒が近隣に形成した集落も門前町と呼び、規模が大きいものは「宗教都市」や「境内都市」と呼ばれます。また、神社を中心とした門前町は「鳥居前町」と呼ばれることもあります。

門前町の実際

門前町の中には、現在も歴史的風情をとどめている地区が存在しており、「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

2013年現在、門前町として、重要伝統的建造物群保存地区に指定されているのは、
・滋賀県大津市の坂本(延暦寺・日吉大社)
・京都府京都市右京区の嵯峨鳥居本(愛宕神社
・京都府京都市東山区の産寧坂(清水寺)
の各地域です。

関連する用語:参道, 仏教, 菩提寺, 神仏習合, 廃仏毀釈, 廃寺
タグ:お寺 , 京都

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから