エンディングパーク

弔電を送るときのマナー~送るための準備編~

訃報の知らせを受けたけど仕事の都合などでどうしても行けない。そんな経験はないでしょうか?

電話や弔電を打ってお悔やみの気持ちを伝えることができます。

弔電を送るための準備

送る日

遅くとも告別式の始まる前までには届くように手配しましょう。もし葬儀が終わってから弔意を示したい場合は、「お悔やみの手紙」を書くことをおすすめします。

弔電には取り急ぎ弔意を表すという意味がありますので、葬儀後は、電報以外の方法が良いでしょう。

宛先

告別式が行われる式場に、喪主宛に送ります。もし喪主の名前が分からない場合は、「(故人のお名前)様 ご遺族様」などにしましょう。

言葉選び

「たびたび」「ますます」「重ね重ね」「再び」などは忌み言葉と呼ばれ、不幸が繰り返し起こることを連想させるという考えから、避けた方がよいとされています。

また、故人がキリスト教、神式の場合は、「お悔やみ・ご冥福・仏様・往生成仏供養」など、仏教から生まれた用語は用いらない方が良いという考え方があります。

言葉選びも気になることではありますが、それ以上に気持ちを込めて弔意を示すことが大切です。

費用

1,000~3,000円が一般的な費用です。内訳としては、文字数代金(メッセージ文)と台紙代金です。

弔電を送る準備ができたら、次に贈る言葉を考えます。弔電を送るときのマナー~贈る言葉編~

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから