エンディングパーク

相続手続はなぜ大変なのか

人がお亡くなりになると、108項目もの手続きの中からどの手続きが必要なのか?を調べて手続きをして行かなければなりません。

大阪市内で10年間、約1,000件ほどの手続きに携わってきて感じることは、どの手続も準備がされてない事が多いという事実なのです。

それはなぜなのか?共通して私が感じたことをお伝えしていきます。

この記事を書いた専門家

支援センター 長井俊行(ながいとしゆき)
相続手続支援センターなにわ支部 所長
年間200件以上の相続関係の相談に対応する。1人でも多く争続で悩む人を減らしたい。そんな想いを持って対応しています。

なぜ相続手続きは大変なのか

葬儀後の手続について、生前にどの手続きを、いつまでに行うのか?必要な専門家がわかっていれば安心というのは皆さんわかっていることだとおもいます。

だからこそ昨今、終活フェアという場や、インターネットで、終活の知識を得られる時代となりましたが、未だに準備が万全であるという方に、なかなか出会えません。

なぜなのでしょうか?

理由はいくつかあると思いますが、相続というものは、そもそも「相続させる側」「相続する側」の気持ちが一つになって、はじめて行われる儀式なのではないかと、私は考えます。

財産の取得の方法を必死に考える前に、家族とのコミュニケーションが取れているかどうか?を第一に考えていただきたいと強く感じます。

親と子が共に考えて、どのように相続させる方法があるのか?を考えていくことが一番大切だということには、気づいているはずなのに、なかなかそのような場は持たれません。

すでに「一つ一つの手続きにこんなに時間がかかるのか?」という体験をした人もいると思います。

相続手続とは家族で「つなぐ」作業

すべては「つなぐ」作業なんだと感じます。

一方的につないでも、受け入れる体制が整っていなければ、そのつなぐ作業は不完全に終わってしまう。

どの事象においても必要なことなのかもしれませんが、「お互いの理解度」がキーワードだと思います。

みなさまのご家庭の「コミュニケーション力」を、再度見直し、不足しているのであれば、一日でも早く早急に改善すべきだと思います。

そのことによって葬儀後の手続きはスムーズに進んでいくといえます。

方法がよくわからない方は、相続の専門家に相談することで解決の糸口が見つかっていくこともあります。

また、年末年始やお盆など年に数回しか会わないというご家族もいらっしゃるかとおもいますが、そんな時こそ円満な相続手続のためにも家族の絆を見直す機会にしてみてはいかがでしょうか。

この記事をエントリーした専門家

長井俊行(ながいとしゆき)
相続手続支援センターなにわ 所長
住所:大阪市浪速区大国1-5-4 MKビル4F
電話相談:0120-351-556 (エンディングパークを見ましたとお伝えください)
年間200件以上の相続関係の相談に対応する。1人でも多く争続で悩む人を減らしたい・・・そんな想いを持って対応しています。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから