エンディングパーク

ご存知ですか?法定相続人と法定相続分 その2 - 相続事例紹介

前回の記事、ご存知ですか?法定相続人と法定相続分 その1 - 法定相続分一覧表では、法定相続人法定相続分についてお伝えしました。今回は、実際の事例を交えて解説します。

事例1 - 配偶者と子供3人

一般的な相続人のケースですが、この場合は配偶者が遺産総額の1/2で、子供3人が残りの1/2を三等分、すなわち(各子供一人)1/6が法定相続分になります。

このようなケースで子供同士の遺産分割に問題が生じた場合でも、とりあえず問題となる遺産については配偶者が相続しその配偶者の相続が起こるまで問題を先送りすることがよくあります。従って配偶者の相続が発生するまではあまり揉める事が少ないケースになります。

相続事例01

事例2 - 前妻との間に子供がいる場合

このケースの法定相続分は上記の事例1と全く同じで、配偶者が1/2、残りを各相続人が1/6となります。やはり、子Aに対する相続分で揉める事はよくあります。

特に再婚後に財産を築かれた場合や、何も考えず、土地や家屋・預貯金等の名義を全て被相続人(亡くなった方)の名義にしてる場合に後悔されることがあります。(名義だけで遺産の所有者を特定するわけではないが、重要になります)

相続事例02

事例3 - 子供がいない場合

通常は父と母が先に亡くなっていることが多く、その場合の相続人と法定相続分は、配偶者が3/4で弟が1/8・妹が1/8になります。子供がいれば弟や妹は法定相続人になりませんが、子供がいない為に兄弟姉妹が法定相続人となってしまいます。

このような場合には配偶者は被相続人の名義である遺産を自分自身の名義に変更するのに、兄弟姉妹の実印を頂かなければならないことになります。

相続事例03


posted by 大林修 (相続手続支援センター滋賀)


以下の関連したページがあなたのお役に立てるかも

タグ:相続 , 法定相続人

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから