エンディングパーク

葬儀費用を調べるときに押さえたいポイント

事前に葬儀費用を調べたり、葬儀社に見積りを取ることがあります。その際に気をつけるべきチェックポイントを確認しましょう。

葬儀費用を調べる方法とは

葬儀費用を調べる方法は様々にあります。

葬儀社のHPに掲載している総額を確認する

すでにセットプランとして決まっており、そのプランの条件に該当する場合は変動しない場合など。

気をつけたいことは、セットプランの下に小さい文字で対応式場の記載などが明記してあったり、食事の人数が限られている、などの点です。また、オプションで要望を追加したいものがあったときに総額でみると費用が高くつくことがあるので気をつけましょう。

HP上でフォームに記入すると自動計算で概算費用を知る

入力フォームに従って希望を入力していくと、自動計算で概算が出ます。式場の指定や人数の変動、ご安置日数が延びればドライアイスが追加になるなど状況が異なりますので、あくまでも概算だと考えて確認したほうがいいでしょう。

問い合わせフォームに要望を記入して見積書を依頼する

要望を記入して送信します。要望をふまえて作成されるので、見積書が届くまで時間がかかります。要望にあった具体的な費用を確認することができます。

実際に面談や電話で詳しく相談し、具体的な見積書を依頼する

電話で大まかな費用を聞いたり、分かりにくい部分を都度確認することができます。ニュアンスで伝えた要望に対するプランやオプションの提案を受けることができます。

見積書の中に分からない単語がある・・・
葬儀の見積り用語早見表
葬儀の見積り用語早見表2

葬儀社に見積書を取り寄せるときのポイント

実際に問合せフォームや電話で葬儀社からお見積書を取り寄せる際に、具体的な情報を教えることに抵抗がある人もいるかもしれません。

要望は不要な遠慮をすることなく葬儀社に考えを伝える

例えば「できる限り費用を抑えたい」という希望に関しては、予算としてはいくら以内なのか金額で伝えたほうがいいでしょう。

他にも希望の式場はあれば、それも伝えましょう。式場によって使用料は全く異なります。また、それ以外でも音楽を流したい場合はCDか生演奏かなど、要望によって費用や状況が変わります。

なぜ詳しく葬儀社に伝えるのか?

前述したように、条件によって費用は変動します。具体的に要望を伝えたほうが、より自分に合ったプランを提案してもらえる可能性が高くなります。

一方で、詳細な要望に対して、「うちはこのプランです」と一点張りだったり、柔軟に対応しない葬儀社であれば、他の葬儀社を探したほうがいいでしょう。自分たち家族の納得のいく葬儀を実現してくれそうなのか、葬儀社を見極める機会でもあります。

事前の段階に具体的な要望を固めるのが難しい方は、まず一通り葬儀の流れを確認し、想定の葬儀規模を2つくらい考えるといいかもしれません。参考記事:葬儀の基礎知識

葬儀社と面談して見積書をとることがおすすめ

最終的に、実際に対応する葬儀社に会って相談することをおすすめします。

見積書が明確でわかりやすい場合でも、電話に出ていたスタッフとお式の対応をするのは別の担当者の場合もあります。

また、相性の問題もあるため自分の目で見たほうがいいでしょう。実際に細かな要望を相談して、不安を少しでも軽減しておきましょう。

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから