印刷印刷する

エンパーク

50代・60代からは無理なく人の役に立つ仕事しませんか?

はたらくプラス

[PR]

50代・60代になると役職定年や定年退職、早期退職。女性は子供の手離れなどのライフイベントがありますよね。

これまでは家族のため、家のローンのためなどいわゆるライスワーク(生活のために働くこと)として仕事やパートをしてきた人も少なくないのではないでしょうか。

人生100年時代のと言われる今、定年や子育ての卒業をきっかけライスワークをライクワーク・ライフワークにしてみませんか?

※ライクワーク(好きなことを仕事にすること)
※ライフワーク(仕事と生活をわけず生きがい、やりがいをもって行う仕事や活動)

50代・60代歓迎の仕事もよく見ると・・・

アルバイトやパート、再就職情報を見ていると「50・60代歓迎!」「50代活躍中」「60代活躍中」「シニア応援」「シニア歓迎」などさまざまな言葉が飛び交っています。

でもよく見てみると「清掃員」「タクシー運転手」「ビル整備士」「コールセンター」など職種が限られていてどれもピンとこなかった。という経験はありませんか?

それはきっとこれまでの経験や自分が興味があることと一致しないことからくる感覚なのかもしれません。

経験や自身が興味があることで選んでも仕事がないから・・・と諦める前にこんなサイトも覗いてみてください。

定年世代のはたらくプラス

50代・60代は無理なく人の役にたつを仕事に

これまで培ってきた経験と人柄で無理なく人の役に立てればいいと考えている人におすすめなのが「定年世代のはたらくプラス」という求人情報サービス。

給与条件や会社名などよりも「自分が役にたてるのか?」「興味があったけどいままで我慢していた」ことを仕事にしたい。

生活や家庭のための仕事ではなく自分らしく、無理なく人の役にたつことを仕事にしたい。

そんな想い人に向けてなかなか一般的な求人サービスでは目にしない社会課題を解決するための事業を運営している「NPO」「福祉法人」「企業」の採用情報がまとまっています。

はたらくプラス2