エンディングパーク

印刷印刷する

春や秋のお彼岸にお供えする花は何が良い?

秋のお彼岸特集

彼岸でお花をお供えすることが多いでしょう。どのようなお花を選べばよいのでしょうか。

秋彼岸にお供えする花はどんな花を選べばいいのでしょうか

お彼岸には、一般的には白や淡い色の花を贈り、白百合や胡蝶蘭、トルコキキョウ、カーネーションなど見た目にも清楚な印象の種類を使うことが多いです。

お彼岸の時期にお墓参りでお墓にお供えする仏花は菊が多いイメージですが、菊でなければならない決まりはありません。

地域の慣習によって色使いは異なる可能性がありますが、秋のお彼岸の季節の花や故人が好きだったお花をお供えするといいでしょう。

お墓にお供えする花
写真:小平霊園の樹林墓地

秋のお彼岸にお花を贈る場合は?

お彼岸の期間に自宅の仏壇や家族のお墓へのお供えではなく、親戚やお世話になった方など知り合いにお花を贈ったり、お花をもって訪問したい場合もあるでしょう。

今どきのお彼岸のお供え花は?

最近はお墓や納骨堂、仏壇にお供えしやすいようにバスケットなどにアレンジされたお花を贈ることも珍しくありません。お花屋さんでお彼岸用であることを伝えたうえで花束やフラワーアレンジメントを相談してみるといいでしょう。お彼岸の花束の費用としては、3000円~5000円くらいのものが一般的です。

直接渡すことができない場合は、メッセージカードを添えることをおすすめします。

配達で届ける場合は、彼岸入りである2017年9月20日までに事前に届けるか、遅くともお彼岸の中日である9月23日(秋分の日)までには贈ったほうがいいでしょう。

お彼岸に贈る花の例