ライター募集中!

ライター募集

エンパークで記事を書いてくださるライターさん募集中!

エンパークは取材記事をはじめとしたオリジナル記事にこだわって情報を提供しています。

エンパークを介して読者の不安が安心に、悩みが楽しみになる。そんな記事を1つでも多く発信していきたいとおもっています。

今回は、そんな記事を一緒に生み出してくださるライターさんを絶賛、募集中!

エンパークとは?

エンパークは、定年退職・現役引退後も自分らしく生きがいをもって過ごせるヒントを発信するメディアです。

会社員としての定年を迎えたり、自営業や子育てが落ち着いた方が、その後の人生を心豊かにすごせるきっかけになるような情報をお届けすることを目指しています。


「エンディングパーク」から「エンパーク」への想い

私たちは2017年11月まで葬儀・葬儀後の疑問解決サイトエンディングパークを運営してきました。2003年から人生の最期の時間に携わり続けることで、人が生かされてることに感謝できる日本の供養文化を次世代に残したいと思い、エンディングに関わる情報を発信してきました。

その中で「終活」という言葉がブームとなる時代になりましたが、実際にきちんと終活を行って用意ができている人は多くありません。

多くの方は突然訪れるその時に慌て、考える余地がないまま選択をせまられます。その結果、終活ブームに乗って登場したたくさんの選択肢や玉石混交の情報が錯綜する中で、意に沿わない選択肢を選んでしまったり、後悔するご家族も出てきています。

供養は、人が人を想う行為を形にした文化です。供養の形式は生前どのように人と関わり、どのように生きたかが大きく影響します。

1人1人が本当の意味で残された人に迷惑をかけず、供養する場を残していく循環を残すためには、よりよい人生を過ごす方を増やすことが重要だと考え、「エンパーク」として生まれ変わりました。

このサービスが、人と人の「縁」がつながる一助になることを願って、運営しています。

「あのサイトがあって良かった」と言われるようなサービスを一緒に創りあげる仲間を募集中

定年退職を終えてから平均寿命を迎えるまでに約8万時間あると言われています。

これは、就職や結婚をしてから60歳になるまでの時間とほぼ同等の時間です。

これだけの時間を、定年退職した人や何かをやり遂げた人の中にはどうしていいかわからない。という方は少なくありません。

このため、選択肢を知らないから動けずにいたり、準備が間に合わず意に沿わない生活になってしまったという場合も少なからず起こっています。

だからこそ、少子高齢化といわれる今、人生最期の約8万時間を「生きがい」をもって過ごしたいと思っている人のお役にたちたい。

そして、私たちは、よりよく生き、よりよい人生の最期を迎える人をこの日本に増やしていきたいと考えています。

そのことが、家族や大切な人との絆や人との縁を再確認する機会につながり、心豊かな社会の一助になればと願っています。

理念に対し、まだまだ発展途上のサイトですが「あのサイトがあって良かった」と言われるようなサービスを一緒に創りあげることに興味がある方を募集しています。

募集内容

仕事の内容


・エンパークに掲載する記事執筆(日本語)
・word納品

応募資格


・自分が書いたものを通して読み手を幸せにしたいという想いのある方
・メディアでの発信経験がある方
・インタビュー記事やレポート記事など取材記事を書いたことがある方
・カメラをお持ちの方
※学歴、性別、年齢は問いません

歓迎スキル


・せいざん株式会社とエンパークの理念に共感くださっている方
・Webサイト運営に携わった経験のある方

契約形態


・業務委託契約

原稿料


・応相談
※能力に応じて、原稿料を両者話し合いのうえ決めています
・募集人数:若干名

選考プロセス


第一次選考:書類選考

第二次選考:お試し記事選考(実際にお願いする流れをで記事を書いていただきます)
※その時の状況(ネタの内容や取材先など)に合わせてお試し記事を1~3回

採用判断のうえ月単位での記事本数についてご相談

※第一次選考はフォームからのお問い合わせを確認のうえ合否に関係なく1ヶ月以内にご連絡させていただきます。
※入力いただいた個人情報は、採用選考にのみ使用し、第三者に提供しません。

応募フォーム

タグ:

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから

あわせて読みたい

    用語集

      エンパークとは

      定年退職後や子育てを終えた後も「生きがい」をもって過ごせるヒントを発信するメディアです。
      「生きがい」は人それぞれだからこそ読者の声が集う場をつくり、 みなさまと共によいよい未来に繋げていきたいと思っています。