エンディングパーク

色即是空

  • 読み:しきそくぜくう
  • 別名:

色即是空の意味(色即是空とは)

色即是空とは、仏教の言葉で、現世にあるあらゆる物事や現象には、すべて実体はなく、空無であるという意味です。

色即是空の色は、サンスクリット語ではルーバといいます。この世の中で起こるすべての物事や現象をあらわし、空は実体がないことを意味しています。

色即是空の即是は、二つのものは全く一体不二であることをいいます。

この世にあるすべてのものは、因と縁によって存在していて、本質はゼロであるということです。般若心経に出てくる言葉として知られています。

色即是空の実際

般若心経では「色即是空 空即是色」という風にフレーズが続きます。「この世のものすべてには実体がなく、同時に、その実体のないものが縁によって、私たちの目に見える存在になっている」という意味です。

色は刻々と変化します。そこに存在があるように見えて、次ぎの瞬間には変わってしまうような存在であるからこそ、空であるとしたのです。その空もさまざまな縁があるから存在が見えるのだから、大切に毎日を過ごすべきという教えです。

関連する用語:お経, 読経, 釈迦, 真言宗, 密教
タグ:仏教 , 寺院

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから