エンディングパーク

四天王

  • 読み:してんのう
  • 別名:四大王衆天

四天王の意味(四天王とは)

四天王とは仏教で持国天、増長天、広目天、多聞天の四人組を差し、東西南北を守護してくれる神を言います。

四天王は仏教の守護神帝釈天に仕え、須弥山の中腹にいて四方を守護しています。

持国天は、東勝神洲を守護する神で、乾闥婆、毘舎遮を眷属とします。増長天は南瞻部洲を守護し、鳩槃荼、薜茘多を眷属とします。広目天は西牛貨洲を守護し、龍神、毘舎闍を眷属とします。

広目天は西牛貨洲を守護し、龍神、毘舎闍を眷属としています。眷属というのは、神の使者であり、多くの場合はその神に関連する動物や想像上の動物の姿をしています。

四天王の実際

四天王は転じてさまざまな分野で優れた4人を称して「四天王」とよんでいます。

中国へ伝来した四天王は、足で邪気を踏み、甲冑を身に着けて武器を持った武士の姿が一般的だったことから、武士には四天王の言葉でたとえることが多くなったといいます。

源頼光には頼光四天王がいました。坂田金時、渡辺綱、ト部季武、井貞光といった4名の武士です。

関連する用語:天部, 吉祥天, 帝釈天, 阿修羅, 仏教, 釈迦如来, 本尊, 菩薩, 弁財天
タグ:仏教 , 天部 , 中国

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから