エンディングパーク

宗教革命

  • 読み:しゅうきょうかいかく
  • 別名:

宗教革命の意味(宗教革命とは)

宗教革命とは、16世紀のキリスト教の革新運動です。

ヨーロッパの各地で、ローマ・カトリック教会に対する改革運動が起こりました。この運動は、神学、教義、典礼、教会体制全般に及ぶ、大規模な変革運動になりました。

それまで西方教会はひとつの境界の支配下にありましたが、マルティン・ルター、ジャン・カルバンなどの指導者が中心になり、分離独立化が進みました。

この運動がきっかけとなって、ローマ・カトリックでは、自己改革が進むようになります。

宗教革命の実際

ルターの九五か条の意見書は、信仰のよりどころを聖書にだけ求めるもので、ローマ教皇の免罪符販売や、教会の腐敗を批判したもので、多くの紛争を引き起こすものでした。

当時のローマン・カトリックでは、サクラメントのひとつである「ゆるし」にともない、つぐないを免除する免罪符を大量に発行し、それを信徒に販売していました。これが宗教改革のひとつの原因を作ったといわれています。

プロテスタント教会が設立され、ヨーロッパの各都市には、多くの宗教改革者が現れました。宗教改革とルネサンス運動は、近代ヨーロッパ社会が成立されたとも考えられています。

関連する用語:カトリック, プロテスタント, 神父, 牧師, 十字架, キリスト教, 献花, クリスチャン
タグ:クリスチャン , 近代 , キリスト教 , 制度

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから