エンディングパーク

ユダヤ教

  • 読み:ゆだやきょう
  • 別名:

ユダヤ教の意味(ユダヤ教とは)

ユダヤ教とは、ヤハウェを唯一の神として信奉するユダヤ人の宗教です。

モーセの律法を行動規律とします。ユダヤ人を神が選んだ民として考え、終末論とメシアの到来を信じる宗教です。聖典はタハナで、旧約聖書です。

ミシュナという口伝律法と、その注釈書のゲマラを加えたタルムードという経典を信仰のよりどころにする信者も多くいます。タルムードはラビ文学とも言われます。

ユダヤ教の実際

ユダヤ教は、キリスト教イスラム教とは違い、行為や行動の実践などがあるのが特徴です。

労働は神の行った行為で神聖なものだが、週に一度は安息日を設け、労働を禁止しています。安息日には機械を触ることも食事をすることもできません。

カシュルートという食事規定があり、足が4つある獣で蹄が完全に分かれていて、反芻をするもののみが食用になります。

水中に住む生き物では、ヒレと鱗があるものだけが食用になる、鳥類では猛禽類などは食べてはいけないなどの細かい決まりがあります。

ユダヤ教のシンボルはダビデの星です。ダビデの星は古代ダビデ王に由来されています。ユダヤ教徒はクリスマスではなく、ハニカを祝います。

関連する用語:旧約聖書, モーセ五書, 仏教, イスラム教, キリスト教, 偶像崇拝, ハヌカ, ラビ
タグ:クリスチャン , ユダヤ教

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから