エンディングパーク

ムハンマド

  • 読み:むはんまど
  • 別名:マホメット, モハメット

ムハンマドとは

ムハンマドは、イスラム教開祖で、アッラーの預言者にあたります。

コーランでは、神の使徒、警告者ともよばれています。アブラハム、モーセなどの預言者においては、最後の預言者とされています。

西暦570年ごろ、アラビア半島のメッカで生まれ商人として成功し結婚。その後ヒラー山で迷走中に、大天使ジブリールからアッラーの掲示を受けたことをきっかけに、布教活動を始めたといいます。ムハンマドが40歳のころのことです。

ムハンマドの遺したもの

メッカで布教活動をするものの、厳格な一神教で偶像を否定するなどの理由で、特権階級から迫害を受けました。

迫害を受けながらも、メッカを離れ、メディナに移住。信徒と一緒に共同体を作って勢力を強めていきました。この移住は、ヒジュラと呼ばれています。

バドルの戦い、ウフドの戦い、ハンダクの戦いを制し、メッカを占領しアラビア半島を統一することでイスラム帝国の礎を作るきっかけになりました。

632年にメッカを巡礼した後に、メディナで病に倒れました。

関連する用語:コーラン, ムスリム, アッラー, メッカ, 聖典, イスラム教
タグ:開祖 , イスラム教

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから