エンディングパーク

突然死

  • 読み:とつぜんし
  • 別名:急死、急逝

突然死の意味(突然死とは)

突然死とは、症状が出てから24時間以内に死亡に至る状態をさす言葉です。

原因不明の突然死もあるものの、原因のはっきりしているケースもあります。

原因として多いとされているのは、心疾患、消化器系疾患、脳疾患があげられます。心臓病によるものが、全体の6割ともいわれています。

何の前兆もなく、比較的若い年齢の人のが亡くなる突然死は、予測できない突然の病死のことであり、中でも心疾患による突然死は、急性症状が起こってから1時間程度で死に至ることもあります。

突然死の実際

突然死は、就寝中、入浴中、トイレの中などで突然起こります。

また、心筋梗塞発作は朝方に起こることが多いといいます。

心筋梗塞には胸の痛みが伴います。動脈硬化が原因になることも多く、傷ついた血管に血栓が詰まって発症すると言われています。

心筋梗塞は生活習慣が原因を作ります。高血圧、高脂血症、肥満、糖尿、運動不足などは心筋梗塞を発症する割合を高くすることがわかっています。

関連する用語:急死, 異状死, 死亡診断書, 検視, 行旅死亡人, 無縁塔, 孤独死, 独居, 死亡率, 死亡者数, 検案, 検案書, 行政解剖, 司法解剖
タグ:葬儀・葬式 , 孤独死 , 相続 , 検案

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから