エンディングパーク

個人情報保護法

  • 読み:じょうほうほごほう
  • 別名:個人情報の保護に関する法律

個人情報保護法の意味(個人情報保護法とは)

個人情報保護法は個人の権利と利益を保護するため、個人情報を取り扱う会社が、個人情報を取扱う際に、一定の規制を定めたものです。

多くの企業が顧客の情報を取り扱う現代、葬儀社においても個人情報保護法に基づき、個人情報の取り扱いを徹底しているのが現状です。

プライバシーおよび個人情報の保護には、最大限の注意を払っているのが一般的です。

個人情報保護法の実際

個人情報保護法が施行されて以来、葬儀が終わったらすぐに四十九日のお返しや仏壇などのパンフレットが送付されてきたり、営業の電話がかかってくるということが、減る傾向にあるともいわれています。

個人情報保護法は、多くの企業に守秘義務の徹底や、無許可で個人情報の詳細が漏れることを制限しています。

葬儀社では、顧客の同意がある場合や、裁判所、警察などの公的機関からの法律に基づく照会があった場合など、限られた状況で情報を開示するのが一般的です。

葬儀にかかわる企業にも、同様の倫理観が求められます。

関連する用語:葬儀社, 石材店, 臓器移植法, 見積もり, 請求書
タグ:葬儀屋 , 四十九日 , 法律 , 葬儀社

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから