エンディングパーク

メッカ

  • 読み:めっか
  • 別名:マッカ

メッカの意味(メッカとは)

メッカとは、アラビア半島にある、イスラームの聖地です。

預言者ムハンマドが生まれた土地でもあります。サウジアラビアの西部にある都市で、人口は120万人前後。事実上、サウジアラビアの宗教上の首都になっています。

イスラム最大の聖地で、メディナとともに、二聖都として名高く、毎年ムスリム巡礼者が祈りをささげに集まります。メッカの巡礼はハッジと呼ばれ、体力とお金が許す限り、一生に一度は巡礼をする義務があるとされています。

ムスリムは1日に5回、決まった時刻にメッカの方角に向かって、三度礼拝を行います。

メッカの実際

メッカは、ムスリム以外の人間が立ち入ることは禁じられています。市内全域にわたって、イスラームの聖地になっています。

イスラーム歴の第12月に行なわれる巡礼では、世界中のムスリムがメッカにハッジに訪れます。この巡礼の期間中にハッジを済ませることで、ムスリムはハーッジュという尊称を得ます。

そのため、この期間は航空会社が、ハッジフライトという特別便を運行しています。

メッカの最も神聖な場所が、マスジド・ハラームで、町の中心部になっています。

関連する用語:イスラム教, コーラン, ムスリム, イスラーム, シャリーア, ハンマド, アッラー, ムハンマド, 巡礼, 聖地
タグ:イスラム教

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから