エンディングパーク

釈・釋

  • 読み:しゃく
  • 別名:

釈・釋の意味(釈・釋とは)

釈(釋)は浄土真宗法名で一番上に使われる文字です。

浄土真宗では他の宗旨宗派と違い、居士大姉というランクを表す位号は使われず、釈に生前の名前から文字を取って「釈○○」の3文字にするのが一般的です。

法名は、存命中でも帰敬式に参加することで授けられます。

釋は釈の旧文字です。釈(釋)は釈迦を表し、法名に釈(釋)の文字がつくことで、釈迦の弟子という意味になります。

釈・釋の実際

古くは、「釈○○」が男性の法名で「釈尼○○」が女性の法名です。(本願寺派では男女の違いはなく、二字法名を用いるという本山からの通達がされています)

院号がつく場合もあります。「●●院釈○○」という6文字の法名になります。

院号も女性は「●●院釈尼○○」と尼の文字が入っていることもあります。

平安時代に居住していた寺院の名前を尊称にして呼ぶ習慣があり、それがのちに院号となったとされています。院号は、生前に寺院に貢献した故人に与えられるものです。

関連する用語:法名, 戒名, お布施, 法名軸, 浄土真宗, 真宗大谷派, 浄土真宗本願寺派
タグ:葬儀・葬式 , 葬儀マナー , 法事法要 , お寺 , 釈迦 , 浄土真宗 , 法名 , 平安時代

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから