エンディングパーク

安位諷経

  • 読み:あんいふぎん
  • 別名:還骨勤行, 還骨法要

安位諷経の意味(安位諷経とは)

安位諷経とは、収骨を終えてから自宅や葬儀場などで営む法要です。

遺骨をいったん家や葬儀場に持ち帰って行います。火葬場から会場へ戻る際には、水や塩でお浄めをしてから中に入ります。

法要会場では、戻ってきた位牌、遺骨を祭壇に安置して、水、線香、花、ローソクをそなえます。

僧侶が安位諷経の読経を行います。

葬儀の後の初七日の法要を、葬儀当日に行なうことが増えていることに伴って、安位諷経が初七日法要に代わって行われるようになってきました。

安位諷経の実際

安位諷経は、宗旨によって還骨勤行還骨法要とも言います。

文字通り、遺骨が一度還ってきてからの法要という意味です。自宅で葬儀を行うことが多かったため、家に還るという意味があります。

初七日の法要は、実際には故人が亡くなってから七日目に行なう法要ですが、葬儀、告別式の七日後に親戚や知人がもう一度集まって行なうには、忙しい現代社会では、現実的ではないこともあり、葬儀、告別式の日に一緒に行うことが一般的になってきました。

僧侶の安位諷経の読経の際には、指示に従って焼香を行い、法要が終ると、精進落としの食事になります。

関連する用語:還骨法要, 初七日, 精進落とし, 荼毘, 出棺, 僧侶, 読経, 勤行, 法要, 棚経, お経, 仏教
タグ:告別式 , 葬儀・葬式 , 法事法要 , 仏教 , 初七日 , 僧侶

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから