エンディングパーク

直会

  • 読み:なおらい
  • 別名:

直会の意味(直会とは)

直会とは、神事の最後に、神饌としてお供えしたものをおろし、参加者でいただくという行事です。また、下げられた供物も直会とよびます。

お神酒や神饌を、神と共食するという意味があります。神社から餅などをいただくことを、直らうともいいます。

神霊への供物を飲食することで、神霊との結びつきを強くし、その力をわけてもらうことで、加護してもらうという意味があります。

忌みや斎戒を解き、平常の生活に戻るための儀式でもあります。

直会の実際

直会が終わると、禁忌も解かれ祭りが終わり、日常の生活が戻ってきます。直会は農耕儀礼の季節ごとの神事の祭りとの結びつきも強く、正月のおせち料理などにもその名残が見られます。

直会の語源は「直り合い」とも言われ、祭事を終えて日常に「直る」の意味もあります。

また、一般的には、神事の最後の飲食会のことをさす言葉でもあります。神道葬儀においては、通夜祭や帰家祭の時に、お世話になった人に食事を用意することをさす言葉でもあります。

関連する用語:神饌物, 通夜祭, 朽木幕, 鏡(神式), 八足案, 幣帛, 神葬祭, 神棚, 霊璽, 玉串, 斎主, 忌中払い
タグ:神式 , 葬儀・葬式 , 法事法要 , お正月 , 儀礼 , お酒

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから