エンディングパーク

ストゥーバ

  • 読み:すとぅーば
  • 別名:南方風仏塔、仏舎利塔、ストゥーパ

ストゥーバの意味(ストゥーバとは)

ストゥーバとは、インドの古いサンスクリッド語から来た言葉で、仏塔の意味です。

日本語の卒塔婆は、仏塔を簡略化したものです。本来は釈迦の墓であり、仏舎利と言われる遺骨を納めた塔という意味もあります。

もともとは人が亡くなった後、土を盛って作ったこともあり、お椀を伏せたような形をしていました。

仏教が日本に伝来するまで、中国や朝鮮半島を経由する中で、形はさまざまに変化しています。

ストゥーバの実際

ストゥーバは釈迦を祀って最初は涅槃の地に建てられたものが、仏教が広がるにしがたって、各地で建てられるようになっていきました。高僧の墓としても建設されていったといいます。

ストゥーバは、仏塔そのものが信仰の対象にもなり、仏教の教理を表したものを作られるようになりました。

日本におけるストゥーバは、仏塔としては層塔や多層塔とも言われる二階建て以上の塔で、三重塔、五重塔、十三重塔などのような建築物が有名です。

関連する用語:仏舎利, 卒塔婆, パゴダ, 水塔婆・経木塔婆
タグ:仏教 , 釈迦 , 中国 , 日本 , インド

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから