エンディングパーク

葬儀ローン

  • 読み:そうぎろーん
  • 別名:

葬儀ローンの意味(葬儀ローンとは)

葬儀ローンとは、葬儀会社が窓口になって取扱いを受け付けている、消費者金融や信販会社、クレジット会社などのローン商品の総称です。労働金庫や信用金庫でも取扱い商品があるところがあります。

当然、銀行と消費者金融では金利が違ってくるので注意が必要です。

ブライダルローンなどに比較して、短期間の融資も可能になるので、故人の口座が凍結されてしまったとき、生命保険からの入金に時間がかかる時などは、考慮することもできます。

葬儀ローンの実際

葬儀に際しては、読経料、戒名料といった寺院僧侶に支払う金額は現金払いになります。火葬にかかる費用、会場を借りた場合のお金、参列者にふるまう飲食費に香典返しなどの金額も考慮しなければなりません。

葬儀代には祭壇、遺影や枕飾り、車の準備や司会進行にかかるコストなどがかかります。地方や宗派によって、行う葬儀の規模によってかかる費用はさまざまですが、相当の出費を覚悟しなければならないことがわかります。

大型の葬儀をあげる予定で、手元にお金がないとき、葬儀社の選択の際にこうしたローンを扱っている会社に頼めば、比較的簡単に葬儀ローンを組む事も可能でしょう。

他にも、福祉葬のように生活困窮者に自治体から援助が出る制度もあれば、直葬のようにお金をかけずに葬儀を行う方法もあります。

関連する用語:直葬, 福祉葬, 香典, 規格葬
タグ:葬儀・葬式 , 制度 , 香典 , 戒名 , 葬儀屋 , 葬儀社 , 僧侶 , 遺影写真 , 参列

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから