エンディングパーク

南無妙法蓮華経

  • 読み:なむみょうほうれんげきょう
  • 別名:五字七字の題目

南無妙法蓮華経の意味(南無妙法蓮華経とは)

南無妙法蓮華経とは、法華経の教えに帰依するという意味があります。

南無はサンスクリット語で、「私は帰依します」の意味です。妙法蓮華経は、法華経の御教えの意味で、法華経の教えを信じるという意味になります。

妙法蓮華経の妙は「正しい」法は「釈迦の教え」蓮華は白い蓮華の花の意味です。白は真実、正義の色で法蓮華教のことでもあります。

題目とも言われる南無妙法蓮華経を連続して唱える行は、教えを信じ、自分が大宇宙の一点であることを宣言することを意味します。

同時に、大宇宙の一生命体である小宇宙が自分で、宇宙本来の流れや力を自分の肉体に呼び戻す回帰や覚醒の修行にもなります。

南無妙法蓮華経の実際

題目宗と言われる日蓮宗、法華宗の元祖日蓮が正行として始めたものとされていますが、日蓮以前の天台宗、天台寺門宗にも、題目として登場し、修行僧が唱えていたといいます。

題目は「なむみょうほうれんげきょう」と発音したり、「なんみょうほうれんげきょう」とも唱えられ、題目の唱え方は団体によってさまざまです。

関連する用語:蓮華, 南無阿弥陀仏, 念仏, 踊り念仏, 数珠, 日蓮宗, 親鸞, 法然, 六道, 輪廻転生, 成仏, 南無釈迦牟尼仏, 南無大師遍照金剛
タグ:葬儀・葬式 , 法事法要 , 仏教 , 釈迦 , 供養と弔い

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから