エンディングパーク

輪廻転生

  • 読み:りんねてんせい, りんねてんしょう
  • 別名:転生輪廻, リインカーネーション

輪廻転生の意味(輪廻転生とは)

輪廻転生とは、人が何度も生死を繰り返しながら生まれ変わることです。

輪廻は車輪が回る様子で、転生は生まれ変わることを意味しています。インドのバラモン教の考えから来て、仏教へと伝わったものです。

すべての生命は、死ぬと別の人間や生き物に生まれ変わるという思想です。

輪廻転生では、天界、人間界、修羅界、畜生界、餓鬼界、地獄界の6つの世界をぐるぐると生まれ変わりながら生きていくとされています。この6つの世界は、苦しみに満ちた世界であるとも考えられています。

そのため、釈迦六道輪廻にいる以上、永遠に苦しみから逃れることはできないとし、輪廻を超越した浄土という場所が、極楽世界だと考えました。

輪廻転生の実際

西洋にも、輪廻転生の考え方はあります。ギリシャの哲学者ピタゴラスの学団にも、同様の思想が見られます。

リインカーネーションのコンセプトは、ニューエイジの教義にもよく登場します。肉体が滅びてもスピリットが別の肉体に宿って再生するという考え方です。スピリティズム、心霊主義と言われるもので、古代エジプトでは、人の霊魂は死後「バー」という鳥になって、肉体からあの世へ飛び立っていくと考えられていました。

関連する用語:六道, 釈迦, 浄土往生, 極楽浄土, 三途の川, 浄土真宗, 南無阿弥陀仏, 南無妙法蓮華経, ヒンズー教, 阿修羅
タグ:仏教 , 釈迦 , インド

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから