エンディングパーク

遺品整理

  • 読み:いひんせいり
  • 別名:遺品処理, 遺品処分

遺品整理の意味(遺品整理とは)

遺品整理とは、亡くなった人が残した遺品を整理することをいいます。

遺品というと、不動産以外の品物をさしますが、亡くなった人が生活していた場所には、多くの日用品が残され、財産価値が必ずしもないものも多くあります。

厚生労働省が発表した推計では、2035年には65歳以上の高齢者の独居世帯は、全世帯の15パーセント以上にも達するとされています。

同居の家族がいないまま亡くなった人が遺した日用品の処分は、専門の遺品整理業者が依頼を受けて行われるケースも増えてきました。

遺品整理の実際

遺品整理を業者に依頼する場合は、業者が廃棄物収集運搬業許可などの許可届出を済ませている業者を選ぶ必要があります。

引っ越しや不用品処分を業者に依頼する際と同じようなトラブルの可能性を考える必要があります。

また、金銭的に価値のある遺品の場合には、相続財産とみなされる可能性もあります。高価なものを処分する際には、相続の承認や遺産分割などで、遺族の間で結論が出るまでは、勝手に決定することはできません。

金銭的に価値があるなしにかかわらず、遺品として思い出の品だったり、心情的に価値がつけられないものは、業者が処分してしまわないように気をつけながら、遺品整理の負担を抱え込まないように専門の業者を活用するなどすることがよろしいでしょう。

関連する用語:遺品, 遺品整理, 相続放棄, 孤独死, 独居, 遺族, 形見
タグ:遺産 , 相続

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから