エンディングパーク

葬儀業界

  • 読み:そうぎぎょうかい
  • 別名:

葬儀業界の意味(葬儀業界とは)

葬儀業界は、市場規模年間1兆円とも言われる業界です。2017年には、高齢化する社会を背景に、2兆円規模に達するのではとも言われています。

葬儀業界は、もともと閉鎖的とも言われた古い体質を持つ業界として知られていましたが、近年、他業種からの新規参入も増加し、業界内の業者間の競争も激化してきています。

業界構造に大きな影響を与える他業種からの新規参入で、葬儀業界にも変化が訪れています。

葬儀業界での最も大きな変化は、料金体制の明瞭化、葬儀の内容の選択、事前相談の受付など、幅広い対応が可能になってきたことが大きいでしょう。

葬儀業界の実際

高齢化が進み、今後しばらくは葬儀自体の総数は増加の傾向になることが予想されています。

同時に、葬儀や結婚式のような人生の大きなイベントを、小型化して身内中心に行いたいという人も増えています。

多様化するライフスタイルはまた、葬儀の多様化にもつながっています。

関連する用語:葬祭業, 葬祭ディレクター, 葬儀司会, 葬祭ディレクター試験
タグ:葬儀・葬式 , 葬儀屋 , 全葬連

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから