エンディングパーク

燭台

  • 読み:しょくだい
  • 別名:メノーラー, 蝋燭立て

燭台の意味(燭台とは)

燭台は、ろうそくを立てるための足つきの台です。

カトリックでは、信者が危篤状態に陥ると司祭を呼び「病者の塗油の秘蹟」を行います。これはカトリックの七つのサクラメントのひとつです。

枕元に白布で覆った祭壇を作り、燭台にろうそくを灯して左右に1本づつ置きます。

燭台と燭台の間には十字架を立てます。そして聖油壷と聖体、水、タオルなどを置きます。

聖体は教会から持参したパンと赤ワインです。サクラメントを行うのは司教、もしくは司祭です。

キリスト教の初代教会のころは、司祭は灯されたろうそくの光に先導されて入堂し、ろうそくは祭壇の後ろの聖櫃のそばに安置していました。

燭台の実際

燭台にはメノーラーと言われる7つの枝に一本の足のついた形のものがあり、ユダヤ教の象徴になっています。

クリスマスのころにユダヤ教徒はハヌカのお祝いをします。

ハヌカは光の祭典で、一週間の間に、7本枝のメノラ燭台に、毎晩1本づつキャンドルに火を灯していきます。ハヌカは光の祭典とも言われています。8個のキャンドルが立てられるタイプの燭台もあります。

関連する用語:十字架, キリスト教, 磔刑, ロザリオ, カトリック, プロテスタント, 神父, 牧師, 冥福, 聖書, 礼拝, 花立て
タグ:法事法要 , 葬儀マナー , 葬儀・葬式 , クリスチャン , キリスト教

この記事はお役にたちましたか?あなたの声をお待ちしています。過去の声

上記はお返事することができません。返信の必要なお問合せはこちらから